JoplinでpCloudのWebDAVを使うのは諦めた

JoplinでpCloudのWebDAVを使うのは諦めた

どうもこんにちは、如月翔也(@showya_kiss)です。
 うまく行かないものは全部こっちに書く事にしたら、結構日々「できない事」が多いので、こっちの方が圧倒的に多くなってしまうんですが、まあ仕方がないかな、と思います。

JpolinでpCloudのWebDAVを使えないかしばらくやってました

この前Joplinを知ってから、自契約のクラウドを使える、WebDAVが使えるという事でpCloudのWebDAVを使えば買い切り2TBのクラウドが使えると思って使おうと思っていたんですが、サポートサイトでpCloudのWebDAV実装がクソなのでpCloudのWebDAVは蹴ります、という内容を見て、とりあえず日本語でpCloudにメールで修正依頼かけていたんですよね。
 そしたらこういう返事が帰って来ました。

お客様、

いつもお世話になっております。
pCloudサポート担当のYosifovaです。

他のユーザーからも同様の報告があり、どうやらWebDavを使ったJoplinの組み込みが原因だったようです。そのケースでは、インフラ全体(WebDav APIとの統合)を再起動し、設定し直したところ、すぐに解決しました。

お手数ですが、Joplinのサポートにお問い合わせください。

宜しくお願いします。
Vasilena Yosifova

なのでその旨をサポートサイト(というかフォーラム)に投げたんですが、作者さんから「そうは言っても今の時点でまだ問題点だらけだからpCloudを使えるようにはできないよ」という回答を頂きました。
 あと作者さん以外の方から「自己責任だけどsqliteを操作できるならsettingの中に”sync.allowUnsupportedProviders”のキーを作って値を”1”にすれば使えるようになるよ」と教えて頂いて、試しにSqliteを操作してその値を設定したら、「pCloudに”Joplin”フォルダを作って」「設定の同期でWebDAVのURLを”https://webdav.pcloud.com:443/Joplin”を設定」すればうまくいきました。

が、結局JoplinでpCloudのWebDAVを使うのは諦めました。
 理由としては、「iOSでsqliteを簡単に操作する方法がない」「iOS単体では恐らくJoplinのsqlitewを編集できない」「Androidも同じ」という部分です。
 WindowsやMacと繋げてデータを吸い出してsqliteを書き換えて戻せば出来なくもなさそうですが、簡単ではないですし、これを記事にしたとして対応できる人はほぼいないだろうな、ニーズもないだろうな、と思ったのです。

そもそもメイン使用をJoplinにするのは無理があるので

今考えていた使い方としては、「Notionに全部載せて使い、Joplinにもコピーを残しデータは安泰」というプランだったんですが、そもそも計画に無理があるのです。
 なぜかと言うと、Notionに載せたデータは消していいですし、アプリとしてのNotionはローカルにデータを持たないので別に問題はないんですが、Joplinってローカルに実体を持ちつつクラウドにもアップする運用なんですね。
 とすると、まずローカルに存在する元データがあり、それをJoplinにアップすると単純にローカルの使用容量が倍になるのです。
 それについてはWindowsとMacではSSDを追加するとかHDDを追加するとかで対応できたとして、問題はそこじゃなく、iPadとiPhoneとAndroidの問題なのです。
 iPadはiPad mini第6世代の一番高いのを使っていますが、miniの時点でストレージ上限は256GB、iPhoneも15ProMax(1TB)と最も高いのを使っていますが1TB、AndroidについてはPixel7aの時点でストレージの選択肢がなく128GBしかないのです。
 これにローカルでデータを保管するのは不可能で、データ実体自体はパソコンのローカルとpCloud上に保存しておき、後はNotionから参照するのが最適解です。
 Joplinに保存できるのは最終的にはテキストまでですし、データ実体はおけない以上そんなに大きなクラウド領域が必要なわけでもないのでpCloudを頑張って使う意味もないですし、ちょっと最近頑張って調べたのに「根っこ」の部分が見えてなかったな、と思います。

という経緯でJoplinをメインと並走させて使うのは諦めました

という経緯があり、Joplinをメインと並走させて使うのは諦めました。
 あと今直面している問題は、僕IFTTTをPro+で使っているんですが(一回やめたら引き止めプランで月2ドル以下になったので使っている)、今障害としてTumblrとの連携が出来ていないアナウンスがあるんですが、それはいいとして(良くはないんですけどね)、それとは別にWordPressのトリガーが引かれないのです。
 これ火曜くらいに問い合わせて中1日あってサポートの返事が来て、具体的にアプリIDはどれだ、っていうので返信したんですがまだ返事がこなくて、今日ももう1回メールを送ったんですが、「月金の平常時間で返事するよ」という自動メールが帰ってきて返事がないのです。
 WordPressがトリガーしたらTwitterとTumblrに投げる設定をしているんですがそれがどっちも動かないので非常に面倒くさくて、手動更新もなあ……。って思うんですよね。
 今実際に使っているアプレットが20個で収まっているので次回更新時はPro+じゃなくてただのProにして月2ドルちょっとで契約しようと思うんですが(自動投稿はやっぱり便利なので)、現状なんとかならんか、と思い、そしてたった今思いつきました。
 WordPressがキックしないならWordPressのRSS更新を見張ってTwitterにポストすればいいのです。
 という訳で今サクっとアプレットを作ったので、この投稿はRSS経由でトリガーしてIFTTT経由でTwitterに連携されるはずです。

っていうか、翔也ガジェットブログの更新目安が大体3000文字を目安に書くようにしていて、こっちのブログは200~500文字くらいの短文を投稿しようと思っているんですが、ちょっと真面目に書くとほぼ3000文字になってしまって長文なんですよね……。

まあいいや、と思い投稿する事にしました。

この記事を書いた人 Wrote this article

devildaredevil 男性

 ガジェットとAppleとTRPGが大好きな中年男です。文章をとにかく書くのが好きなので毎日のように色々なブログで文章を打ちまくっています。もし何か心に引っかかるものがあれば私のTwitterをフォローして頂けると更新情報が流れます。