Joplinでのトラブルシュート2つ

Joplinでのトラブルシュート2つ

どうもこんにちは、如月翔也(@showya_kiss)です。
 今日は昨日ブログ(翔也ガジェットブログ:Joplinというノート同期ソフトを見つけました。)でとりあげたJoplinというアプリについて、2点ほど問題があったのでそれについてトラブルシュートした経緯を。

Joplinとは

JoplinとはEvernote・Notion・OneNoteみたいなメモを取りつつメディアを保存して、それをクラウドで同期できる「なんでも同期アプリ」の一種です。
 大きなポイントとして、まずオープンソースの製品である事、なので無料である事、そして連携先のクラウドはJoplinのクラウドを使うかJoplinのサーバーを立ててそこに入れるかあるいはDropbox/OneDrive/File System/Next Cloud/WebDAV/S3(beta)/Joplin Server(beta)のどれかから選べるという事です。
 例えば無料範囲のDropboxを使えば5GBまで保存できるクラウドになりますし、Microsoft365でOneDriveが1TBついてくる人ならOneDriveが余計な事をしないように連携を切ってアプリをアンインストールして容量がまるまる1TB余っている人なら1TBのクラウドが使えるという事です。
 ただ、Notionみたいに全部クラウドに保存してネット越しに見る形式ではないので、ローカルに保存領域が必要な点には注意が必要です。
 しかし、考えようによっては、自分で使っているクラウドがあるならそれに載せればいいので、例えばビジネス用で容量無制限のストレージがあるならそれに入れれば実質無限ストレージ(まあローカル以上には入れられないんですが)として使えるわけです。
 Evernoteの改悪によって生まれたという事なので、基本はEvernoteの代替という立ち位置なんですが、結構使い勝手が良さそうです。

僕はなぜJoplinを使おうと思ったのか

僕は早い段階でNotionに課金しているので現在も年間48ドルで使えていて、完全に容量無制限なので別にNotionで何の問題もないんですが、なぜJoplinが気になったのかと言うと、正直Notionの容量無制限は僕には使い切れていない気がして、僕自身今全部のデータをローカルに置いてるんですが1TB行かないので、ならWebDAVに対応しているならpCloudはWebDAVに対応するので、2TBを買い切っているpCloudと連携すれば実質2TBのストレージを持てるので、ならNotionと違って「もう課金が発生しない」という点で大きなアドバンテージになるんじゃないかと思ったからなんです。
 なので、早速導入してみて色々使ってみたんですが、2点ほど問題があったのでそれについてトラブルシュートしたのでそれについて今日は書きます。

1.JoplinのWebDAVがpCloudのWebDAVを蹴るので使えない

いきなり根本的な問題なんですが、Joplinをセットアップして同期用にWebDAVを選択して、pCloudのWebDAV設定を入れると、「pCloudは対象外です」的なエラーが出て同期を行ってくれないのです。
 これ、ちょっと本腰を入れて調べるとわかるんですが、どうやらpCloud側に問題があり、普通にWebDAVとして扱うと想定外の動作をするために最悪データロストがありえるのでJoplin側で蹴っているという事なのです。
 つまり、現状、pCloudでは使えません。
 これについては現状を理解したのでpCloudのサポート側にメールを送って正常なWebDAVとして動作するように改善を求む、というメールを送ったんですが、1日もしないうちに「複数ユーザーから報告が来て把握している。機器の再起動によって正常に動作するようになったのでJoplin側に伝えて欲しい」と返事が来たので、とりあえずJoplinのサポートメール・フォームが見当たらなかったのでTwitterのJoplinの公式アカウントにその旨をリプしておきました。
 もしかしたら次の更新でpCloudにまた対応してくれるかも知れません。

しかし、現状としてはpCloudは使えないので、とりあえず余している(アプリが悪さしかしないので)OneDriveの1TB(僕は裏技を使ってmicrosoft365を月額909円で使っているのです)の容量がまるまる余っているので、それを使って同期する事にしました。

2.OneDriveで同期するとうまく行かない

OneDriveを使って同期する事にしたんですが、これが非常に苦労しました。
 WindowsでJoplinを設定して同期し、OneDriveに「アプリ」フォルダが掘られているのを確認してからiPadでJoplinをインストールしてOneDriveで同期しようとしたら同期しないのです。あまつさえOneDriveには「アプリ(1)」フォルダが掘られているのです。
 何回インストールしなおしても、WindowsでもiPadでも、なんならiPhoneでもインストールするとした分だけ「アプリ(2)」とかいうフォルダが掘られる一方で全く同期しません。
 これについては、最終的に次の方法で解決しました。

  • OneDriveで「アプリ」フォルダを全部消す。(1)とか(2)も含めて
  • OneDriveで「Apps」というフォルダを作る
  • Joplinで同期の設定を行うと「アプリ」フォルダが掘られ、(1)とか(2)とかが掘られなくなる

以上です。OneDrive内に「Apps」というフォルダがあると正常に同期します。
 もしかしたら「Apps」フォルダを消すとまた悪さをするかも知れないので、「Apps」フォルダは空のまま放置してあります。
 これだけで簡単に対応できましたが、「Apps」フォルダを掘るという方法は多分現状の日本語検索ではどこにも情報ないです。
 他の情報を当たる中で昔日本語対応が微妙だった時に「アプリ」フォルダじゃなく「Apps」フォルダを掘らないと同期できなかったという情報だけがあり、それは解決済みになっているんですが、「まさかね」と思ってフォルダを掘ったらちゃんと動いたので、現状そういう問題があるようです。
 「Joplinでアプリフォルダが複数できてしまう」場合は「OneDriveにAppsフォルダを掘る」が解決策です。

というわけで思惑が全部外れたんですが

というわけで、pCloudは使えない、OneDriveでは同期できないという状態でしたが、pCloudは修正報告済み、OneDriveで同期できないのも対応ができたので、とりあえず今日は無駄にはならなかった感じです。
 とりあえず現状Notionで保存しているデータを全部Joplinにうつしてみてどうか、という部分が気になっており、今Notionから一括エクスポートをしているんですが、終わる気配がないので最悪2~3日待たないと駄目かも知れません。

Notionでの管理はNotionで完結しているんですが、データを預けっぱなしで「引き出すのが難しい」現状は好ましくないと思っていて、ローカル管理(+pCloudに全部のデータが置いてある)に加えてJoplinで構造化してデータを保持できれば便利だと思うので、Notionをやめるのではなく、Notionと並走できる感じで使うアプリとしてうまく差別化できれば面白いだろうな、と思います。

この記事を書いた人 Wrote this article

devildaredevil 男性

 ガジェットとAppleとTRPGが大好きな中年男です。文章をとにかく書くのが好きなので毎日のように色々なブログで文章を打ちまくっています。もし何か心に引っかかるものがあれば私のTwitterをフォローして頂けると更新情報が流れます。