RSSリーダーの選定で大変だった話

RSSリーダーの選定で大変だった話

昨日の夜から「RSSリーダーでTumblrを使いたい」というニーズで色々クロスOSのRSSリーダーを探していたのですが、結局一周回ってInoreaderをBiscuitで使う事になりました。
 本来Macの場合Readerを使っていれば良かったんですが、今Windowsをメインに乗り換えたのでReaderは使えないですし、じゃあFeedlyに戻れば、っていうとFeedlyは更新が1時間とかかかるので合間合間にサクサク読む感じでもなく、Inoreaderも悪くないんですが無課金だと10分更新ですしTumblr連携ができないのでどうしよう、と思い、フィード機能のあるVivaldiを使ってみたりRSS Guardを使ってみたりしたんですがしっくりこなく、サーバ設置型のTiny Tiny RSSはどうかと思ってインストールを色々調べたんですが、結果的にDocker使ってコンテナ作れと言われ、gitから持ってきたイメージがそもそも設定ファイルの真偽値を自力で書き換えてダブルコーテーションで囲まないと動かなかったり、WordPressのコンテナと共存できなかったり、単体で設定しても動かなかったりで半ばキレながらあきらめ、最終的にはInoreaderで読みつつメモを取りたい時には「リンクをコピー」してからTumblrで「リンク投稿」する形で処理する事になりました。
 ちなみに使っているTumblrは「魔王は一言居士」です。

なお、IFTTTを使ってTumblrの投稿をTwitterに流すアプレットを組んだのですが3投稿しても反映しなかったので諦めてTumblrのRSSを監視してRSSが変更されたらTwitterに流れる形で処理しています。
 同じく今WordPressでTwitterに投稿する時に同時にTumblrにリンクで投稿する設定を追加したので、今回今見ているこの記事が正しく処理されると「記事投稿」→「Twitterに投稿」→「Tumblrに投稿」→「TumblrのRSSからTwitterに投稿」という形で投稿されるはず。

うまく行ってればいいんですけどね。

この記事を書いた人 Wrote this article

devildaredevil 男性

 ガジェットとAppleとTRPGが大好きな中年男です。文章をとにかく書くのが好きなので毎日のように色々なブログで文章を打ちまくっています。もし何か心に引っかかるものがあれば私のTwitterをフォローして頂けると更新情報が流れます。